Human Beat Boxer 口音楽者 DOKAKA

ヒカキンとかDaichiなどyoutube出身のヒューマンビートボックサーのパフォーマンスを見てたらdokakaというアーティストを思い出した。

まだyoutubeなんてなくてインターネットがオタクのものだった頃の話だ。
ビョークが日本人のミュージシャンを新アルバムのプロジェクトに加えるというニュースが音楽史に載って話題になった。
で、それ以来ビョークのアルバムは2枚持っていたけど、DOKAKAが参加した「Medúlla」は購入しなかったし、NHKトップランナーで紹介されたのはAFRAだったし、DOKAKAのことはそれいらい忘れておりました。

スポンサードリンク


今日youtubeでDOKAKA、と検索して聞いてみると、うん、コレはハマる。ジャンクフードみたいな、体に悪そうな音楽……。悪くない。

 

多重録音を駆使して音を完成させていくんだけど、ビートボックスだという先入観を持って聴いた。
あれ?なんかおかしいぞ、、、なんだこの脳に悪そうなエモさ……、と思ってしまった。本人も下記インタビュー内で言っているように、楽器のシュミレーションとしてどこまで忠実に口で音を出すかを目指しているのではなく、もっと飾りのない生の口音楽をやりたいと言っているように、今時ビートボックスとは質が違う。テクニックとかで言ったら現代の方がもっと研究が進んでいるのは当然だけれど、もっと、すごくプリミティブな力を感じた。宗教的儀式の呪いの呪文を全員で唱えているトランス状態を聞いている側になったようだ。

youtubeでご自身がアップしているのは1つだけ(しかも再生数が少ない)。公式サイトも作り途中。海外の方のアップロードが圧倒的で、いくつかの曲が聞ける。

CDも全て廃盤でオンライン販売も見当たらない。けれどきっと発表していない作品が山のようにあるんじゃないかと思う。なんでそう思うかというと、FaceBookで上げている作品の熱量がすごいんですもの。

 

DOKAKA.com – 

AFRA&DOKAKA ヒューマン・ビートボクサー スペシャル対談 | AFRA | BARKS音楽ニュース – 
AFRAは日本ビートボックス界隈のレジェンドとして有名で現役ですね。二人を比べてしまうとDOKAKAはどうしてもマニアックに感じてしまう。

DOKAKA / ドカカ | diskunion.net PUNK ONLINE SHOP – 

世界駆け回る、「DOKAKA」ってなに?
このブログに大体言いたいこと以上のことが的確な文章で書いてありました。

DOKAKAインタビュー [1/3]
一回目のフジロック参加してたり、ビョークとのレコーディングの状況がしれたり。

ITmedia Games:名作ゲーム「ゼビウス」の着信ソングを「メロキャラ」で
その昔着うたってありましたね。

けんさく。 : DOKAKA? DOKAKA!

Dokakaライブを見る: VOIZ 徳久ウィリアムのサイト
ライブレポ。最後が酷いまとめだけど。

国内盤レビュー
dokakaの話題が最も熱かったと思われる時期に情報を仕入れたりインタビューしていたブログ廃墟。管理者の文章の癖は強いが全体を読めばどんな感じで盛り上がっていたのかとか、どんな人柄かだとかがわかる。このライブレポが面白かった。

ニコ動にも、自主制作についてきたDVDが一部あったりなかったりするみたいです。

通販は廃盤でしたが、AppleMusicにありました。買いました!(なんと膨大な曲数だろう、そしてカバー作品が多いが権利関係はクリアーなのだろうか…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください