Lacaille 親指シフト

 
 
macOS Sierraでは、Lacailleといアプリケーションが作られたためkarabinerを使用することなく、親指シフトを使用することができる。
更にorzユーザーには以下の設定ファイルを読み込むことで、一発で使用することができる。
 
 
 
初期状態は親指シフト左は「英数」になっているので、シフトにした。
 
自分はずっと親指シフト規格で打っていたので、標準のNICOLA規格はいろいろ不慣れです。何処かに設定ファイル落ちてないかな。
 
不具合として、英数になかなか切り替わってくれないと言うものがあります。「s」を打とうとして「s」を打っても「su」と出てしまったりします。その場合、「かな」を押してから「英数」を押すことで「s」が打てるようになります。何か自分のやり方がおかしいのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください