VCCWでWordPress環境を構築

VCCWのインストール方法

仮想環境を作ってwordpressを扱おうと思う。xamp,mampがあると思うが、vccwを使うことで、より簡単に様々なことができるようになる。データベースの作成も不要、本番環境との同期も楽チン。

インストール編

virtualboxvagrantのインストールをする。

以下のプラグインをインストール。

名前をつけてダウンロード VCCWもダウンロードして好きな名前にリネームする。ユーザーフォルダ直下に「Vagrant」フォルダを作って移動する。

※vagrant 1.8.7の場合以下のコマンドが必要

その後VagrantBoxにVCCWを追加する。

初期設定

provision/default.ymlをコピーして「site.yml」にする。

こんな感じで書いておいて使い回しすることができる。

立ち上げ

hogehogeディレクトリに行ってVagrantを立ち上げます。

WordPress

https://hogemoge.local/ か 192.168.33.11でアクセスできる。管理画面にはwp-login.phpで入ることができる。passとIDはadmin/admin。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください