Git Hub for Macの使い方

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-16-36-21

ユーザー登録

リポジトリ作成

リポジトリをローカルにコピー

ローカル

ステージングエリア

リポジトリ

の順でデータを上げていく。

スポンサードリンク

 

Git Hub76ed19d5-5f06-4578-a482-1b518a8efb4b

リポジトリを作成する

 

適当にフォルダ名をつける。
ディレクトリは必要なところに。
 
ローカルにフォルダができているので、コードを書いたテキストをGit Hubデスクトップに入れると、
監視が始まる。変更するととなりに、一つ前のバージョンと、今のバージョンが映る。OKならばSummaryに概要を書いて「Commit to master」を押す。
 
cd5803ed-f343-4c7c-9294-e648d7db2f2b
 
Historyタブを覗くと、今まで変更したバージョンが残っているのを確認できるだろう。
 
Git Hubは基本的に公開しつつ作っていくものなので、注意が必要

管理だけする場合はGitのみで大丈夫でス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください