EC-CUBE決済を比べてみた

472577

ネットショッビングでは50%がクレジットカード決済をおこなっているので、決済サービスの導入は確実に売上に繋がることになる。

https://imitsu.jp/matome/2426150624728498

EC-CUBEの各種決済の比較は公式サイトに記載されている。

http://www.ec-cube.net/product/comparison.php

スポンサードリンク

しかし個別対応となっているものが多いため、各サービスごとに見積もりを出さないと金額がわからない。
一回ごとにかかる手数料は安くとも、月額料金が高く設定されているケースや、また逆に固定費が安く、手数料を多くとるケースもある。
直接決済をしないなら、最短で開始できるイプシロンが最適かもしれない。
引用 http://www.ec-cube.net/product/comparison.php
引用 http://www.ec-cube.net/product/comparison.php

 

与信 = 相手を信用して先にサービスだけ提供する。代金が回収できないリスクが伴う。金がありそうな会社には与信を大きくして取引し、なさそうな会社には、与信を絞って取引をする。クレジットカード決済では、与信枠を確保し、売上処理をした上で、カード利用ができる。

  • 処理手数料(トランザクション料)=通信費
  • 与信料=処理ごとにかかる手数料。与信料の相場は1件15~25円ほど。
  • 契約種類(直接)= クレジットカード会社、コンビニ決済、電子マネー、プリペイド決済等など、それぞれ契約を結ぶこと。各仕様に合わせてアイコン、ソースを変えページを作らなければならない。入金タイミングもバラバラ。メリットとして、手数料の総額は安い。
  • 契約種類(包括)= 各決済を一本化できる。直接契約よりこちらのほうがおすすめ。
  • 手数料の相場は、決済ごとに5%ほど。
    F906913A-4DDA-47F9-888A-F9AAFCCEDE6E
    引用 http://www.ec-cube.net/product/comparison.php
  • 3Dセキュア =「クレジットカード番号」や「有効期限」の他に、自身で設定したパスワードを使用する
  • リンク型と埋込み型 = リンク型は決済会社のページに移動して情報を入力、埋込み型はショップのドメインで決済ができる。
  • 月次課金 = 月ごとに支払いをする形式。記載されているサービスはほぼ定期課金。(例:イプシロンの定額課金http://www.epsilon.jp/service/option/subscription_billing.html
  • 仮売上対応 = 購入者のクレジットカードの与信枠を確保し、出荷時に実売上にする処理。購入>発送までの時間が長い場合に有効な方法。
イプシロンがオススメ。他は二週間から四週間かかるが、イプシロンは最短一営業日ととても短い。
イプシロンのデメリットを挙げるとすれば、リンク型、カード番号保存機能が唯一ないというところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください