Adobe TypekitでWebFontの不自然な読み込みをなくす方法

あけましてた。

WebFont最近様々なサイトで使われる用になりましたね。

中でもデザイナーにとってありがたい存在のTypeKIT
登録されているすべてのフォントをwebで使えるので、表現の幅がぐっと広がります。

スポンサードリンク

ちなみにTypekitをWebFontで使用する方法は以下。
貂が可愛い! 新フォント貂明朝のイラストをウェブページで表示する方法 – Qiita

ですが日本語のwebフォントは文字量が多い=サイズがでかいので、表示までにデフォルトフォントが表示されてしまいます。
それを簡単に解決するのが以下のCSSです。

たったこれだけで、webフォント仕様時の不自然な読み込みをなくすことが出来ます!

是非お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください