WPバックアップソフトUpdraftPlus

「wordpress バックアップ」で検索するとBackWPUpが大変使われていて解説もたくさんあります。
自分も愛用しているのですが、サーバーの関係でうまく動作しないことがあり、代用プラグインをさがしていたところ見つけましたのがUpdraftPlusというものでした。
日本語解説サイトもいくつかあるのですが、少し古くてやり方が違っていることがあったので、改めて記録しておきたいと思います。
WPバックアップソフトUpdraftPlus
UpdraftPlusで検索しましょう。
評価も高いしユーザーも多くて更新もよく行われているので大安心!!
 

設定>UpdraftPlus Backupsから設定をしていきます。

今回はGoogleDriveにバックアップをする手順を紹介します。OneDriveなんかは有料プラグインが必要みたいです。

 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
初期画面

 
設定タブに移動します。バックアップ頻度を入力し、GoogleDriveを選択します。
 
 
まずプラグインの設定はここまでで、別ウインドウで以下にaccessしましょう。
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
「GoogleApis」のロゴからプロジェクト作成を選んで、任意の名前をつけます。
 
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
「ダッシュボード」から「有効にする」をクリックする。
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
次は「ライブラリ(左メニューの)>DriveAPI」に進みます。
 
 
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
必要情報を記入。
 
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
OAuthクライアントIDを選択します。
 
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
画像のとおりに入力。
「承認済みのリダイレクト URI」という欄は、WordPressのプラグイン画面に戻って取得します。
 
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
濃いグレーの部分をコピペしましょう。
 
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
すると画像のような情報がてにはいりますので、
 
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
そのまま入れましょう。
 
 
WPバックアップソフトUpdraftPlus
最下部にある「保存ボタン」を押すとうえの画面が現れます。
「Follow this link to authorize access to your Google Drive account (you will not be able to back up to Google Drive without it).」をクリックします。
 
 
うまく紐付けられている場合はこの画面が出てくるので「許可」を選択します。ぶっ壊れたロボットが出てきた場合は設定が間違っている可能性が高いので、見直しましょう。
これでおしまいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください