今時のwebサービスでの稼ぎ方 フリマアプリ

Scenes from a flea market - Tie dye guy
以前自分はヤフオクとか楽オクとかで、ありとあらゆるものを売っていたのだけれど、近年PCよりもSPユーザーが増えたため、状況が変わってきているらしい。
今時のネットでの稼ぎ方を調べてみた。

メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ


メルカリ
メルカリはオークションと違い、入札形式で値段が上がっていくものではない。固定価格で販売できる。スマホでのフリマアプリの代表格だ。
オークションよりも設定する工数が少なく、スマホ一台で簡単に出品することが出来る。とくに送料込み出品がインスタントで楽。
ユーザー数もおおく、ヤフオクで売れなかった商品が簡単に売れた。購入者、出品者の間にメルカリが入り、トラブルを少なくしている。
フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん – Google Play の Android アプリ


ラクマ

ラクマ
明らかにメルカリを模倣したフリマアプリ。楽天ポイントが使えたり、PC仮購入ができたり、出品者都合で一方的にキャンセルすることが出来るのがメルカリとの違いっぽい。


フリマアプリLINE MALL

ラインモール
ラインIDが使用できる。一番の違いは…見た目かな。画像が互い違いに表示されている。


アニメ・ゲームグッズ専門のフリマサービス、アニマート

アニマート
アニメグッズ専門。プライズのフィギュアがかなり良い値段で購入されているので、UFOキャッチャーで撮っては売っての人はここを城にしてお小遣い稼ぎしている人が多いようだ。


総括

フリマアプリは現状メルカリの一人勝ち。出品においてもいい意味でグレーやアダルトなものをスルーしてくれる。楽天はショップと同様そのへん難しかった。ネットショプをやっている人はとりあえず出品しておいて、一番メルカリに力を入れてみるといいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください