東北地方太平洋沖地震5

Miyagi Prefecture, Japan, after the earthquake
Creative Commons License photo credit: Tex Texin
政府、東電の発表、首相の配慮の無さ、怒り、悲しみ、うなだれる国民。そんな最中、話題を集めたのは、全身芸人江頭2;50でした。

スポンサードリンク

タレントの江頭2:50が物資不足の福島県いわき市に自ら運転して支援物資を届ける « Infosecurity.jp
先程からTLにいわき市に物質を届けたトラックがいた。江頭が運転していてた。との情報がやたら流れる。総裁に確認の連絡いれたが、連絡取れない。本当なのか? 約10時間前 Keitai Webから
北野誠/Twitter

江頭は真面目に頑張ってました。今日確認済みです。いわき市に入りましたけど…本人は純粋にボランティアで行きました。拡散しないで下さい。江頭最高!140文字の限界です。 about 4 hours ago Keitai Webから
北野誠/Twitter

大川総裁いわく、常にこんな事を新潟大震災から備えていたそうです。但し大川興業としては売名行為ではなくて、市井の人間として参加したかったそうですm(__)m…しかも江頭とはばれたみたいやけど…PCしないみたいなんで、よく分からなかったみたいです。総裁に代わりまして…多謝です。 about 3 hours ago Keitai Webから
北野誠/Twitter

PPPでおなじみの早川さんとともに、コーナーで特別使っていた白のスパッツをチャリティーオークションに出品しました。

被災地支援オークション 江頭2:50のスパッツ28万円 – Ameba News [アメーバニュース]
スポーツ選手以外では、女優の香里奈が出品したサイン色紙と一眼レフカメラのセットが90万3000円、江頭2:50愛用の白いスパッツが28万2000 円、木村カエラがミュージックビデオで使用したギター(サイン入り)が100万1000円など、多くの有名人が出品したいろいろなグッズが紹介されている。

PPPでは、被災地を訪れた歳の状況を語っています。

密かに福島いわきに救援物資を運んだ江頭2:50に出演オファーが殺到 – BIGLOBEニュース

東日本大震災で多くの芸能人が仕事をキャンセルされる中で、まったく逆の存在になっているタレントがいる。お笑い芸人の江頭2:50だ。キー局やNHKから出演依頼が殺到し、スケジュール調整が追いつかない状態なのだ。しかも、以前は絶対に来なかったCMのオファーの打診まであったというから驚きだ。

Togetter – 「福島県南相馬市に住む高校生のツイートまとめ」
1800世帯を超える被害が出た南相馬市。現地の女子高生が必死のツイートをしました。国の流す情報は嘘っぱちだと。

mazinal
返信する RTする ふぁぼる
助けてくれ!!南相馬市を助けてくれ!!テレビでやってる放射能被害は嘘だ!もっと深刻なんだ!!分かってるのにガソリンがなくて逃げれないんだ!!国は本当のことを言って逃げてくれ!!逃がしてくれ!!


上記高校生のtwikog
福島: 新地町~南相馬までの約30キロ、4000世帯が壊滅

宮城: 気仙沼~名取まで、ほぼすべての沿岸域が壊滅 
     ・気仙沼:沿岸部の広域で火災発生
     ・女川:全く連絡が取れない
     ・名取:例の田畑が飲み込まれる中継のあった場所
     ・仙台:荒浜で200から300の溺死体発見
     ・仙台空港:崩壊

岩手: 大船渡を中心に沿岸部で甚大な被害
南相馬市周辺の地図


大きな地図で見る


電力が供給できず、計画停電が実地されました。この状況が来夏まで続く可能性があるかもしれない、とのこと。夏場は死者増えますね。
asahi.com(朝日新聞社):東電の計画停電、今夏・冬も 大規模火力発電所、被害大 – 東日本大震災

大きな被害がわかった火力発電所は、広野火力発電所(福島県広野町)と、常陸那珂火力発電所(茨城県東海村)。発電所の設備や、石油や石炭など燃料の貯蔵施設が津波で壊れた。両発電所の合計出力は480万キロワットで、同じく津波で損壊した福島第一原子力発電所(福島県大熊町・双葉町、469.6万キロワット)に匹敵する。

 2800万世帯に電力を送る東電管内のピーク需要は、冷房が必要となる夏場が6000万キロワット前後、暖房需要が高まる冬場が5000万キロワット前後。これに対し東電の現在の供給力は3500万キロワット前後にとどまる。

 東電は、休止している小規模火力発電所を立ち上げるなどして、4月中に4000万キロワット程度まで引き上げる計画だ。さらに、ガス会社などの電力卸供給事業者(IPP)からの電力買い取りなどを進め、夏までに4700万キロワット程度に増やす予定。しかし、それでも夏時点で1000万キロワット(333万世帯分)、冬も数百万キロワット足りなくなる計算だ。

 電力は、水やガスのようにタンクに大規模にためられない。そのため、需要分だけ供給力を用意する必要がある。電力会社は自社の発電所で必要な電力を賄えない場合、ほかの電力会社から電力を融通してもらうが、周波数の違いから、西日本の電力会社から受けられるのは100万キロワットまで。東北電力は周波数が同じだが、被災で電力が不足しており、融通は期待できない。北海道電力からも送電技術の限界から60万キロワットしか受けられない。

 東電幹部は「再稼働した火力も、いずれ定期検査に入るのでずっと発電できない。今夏、今冬だけでなく来夏も綱渡りが続きそう」と話している。


北野武さんは著書でもよく、衣食住あっての笑い、と書かれています。芸人だから募金の旗印として何かを行うということに抵抗があったようですが、の所ジョージさんと連盟で1,000万円寄付されたそうです。
『言葉の覇者』  ビートたけし、個々の悲しみに想像力を

今回の震災の死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。だけど、この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。
じゃあ、8万人以上が死んだ中国の四川大地震と比べたらマシだったのか、そんな風に数字でしか考えられなくなっちまう。それは死者への冒涜だよ。
人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。
本来「悲しみ」っていうのはすごく個人的なものだからね。被災地のインタビューを見たって、みんな最初に口をついて出てくるのは「妻が」「子供が」だろ。
一個人にとっては、他人が何万人も死ぬことよりも、自分の子供や身内が一人死ぬことの方がずっと辛いし、深い傷になる。残酷な言い方をすれば、自分の大事な人が生きていれば、10万人死んでも100万人死んでもいいと思ってしまうのが人間なんだよ。
そう考えれば、震災被害の本当の「重み」がわかると思う。2万通りの死に、それぞれ身を引き裂かれる思いを感じている人たちがいて、その悲しみに今も耐えてるんだから。
だから、日本中が重苦しい雰囲気になってしまうのも仕方がないよな。その地震の揺れの大きさと被害も相まって、日本の多くの人たちが現在進行形で身の危険を感じているわけでね。その悲しみと恐怖の「実感」が全国を覆っているんだからさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください