AUの本気!ISシリーズについて調べてみた。第二回 IS03について

おれニュース » AUの本気!ISシリーズについて調べてみた。1回目
前回はiOSとAndroidの違いについての話になりましたが、今回は現在発表されているISシリーズについて、調べていこうと思います。

スポンサードリンク




先日発売されたIS03を皮切りにIS04,IS05,IS06が立て続けに発表されています。
最近の携帯は機能が豊富で困るのですが、早わかり表をネットで拾いました。


SMT-i9100とありますが、これはwifi接続専用機器のアンドロイドOSみたいです。キャリアから売り出す理由がよくわかりませんが、これは除外します。電池の持ちがわるい^^:

Android (TM) 2.2、7.0インチディスプレー搭載のタブレット端末サムスン電子製「SMT-i9100」の発売について〈別紙〉 | 2010年 | KDDI株式会社

さらにIS06はおサイフケータイ、ワンセグなどの機能がなく、日本向けに作られていないので、こちらも除外。

SIRIUS α IS06 | スマートフォン | au by KDDI

IS03,IS04,IS05の三択に絞っていこうとおもいます。

上のスペック表を見ると、だいたいの性能は判りますが、判らない用語をいくつか調べてみました。
is03にあるメモリ液晶とは、ホームボタンや決定ボタンなど、基本的なボタンを常に表示してくれる画面だそうです。メインディスプレイ消灯時には、サブディスプレイとして、歩数計や時計を表示できるそうです。

もうひとつ不明な言葉はis05だけにあるwin high speedです。

au、下り最大9.2Mbpsの「WIN HIGH SPEED」導入——秋冬モデルの一部から – ITmedia +D モバイル

現在、auが提供しているEV-DO Rev.A(上り最大3.1Mbps/下り最大1.8Mbps)の仕様を拡張した、下り最大9.2Mbps/上り最大5.5Mbpsの高速通信に対応する「WIN HIGH SPEED」を導入すると発表した、とあります。とりあえず3倍くらいネットが速くなるって事か!ってことで良いと思います。

NX !UIについては、よくわかりませんでした。単なるショートカットとは違うのかな?IS02にも搭載されているそうです。
写真で解説する「IS02」 (2/3) – ITmedia +D モバイル

写真で解説する「W65T」 (2/2) – ITmedia +D モバイル

モバイルレグザエンジンとは、輝度や色調を自動調整する機能だそうです。

写真で解説する「IS03」(外観編) – ITmedia +D モバイル

ATOKは日本語入力の定番ソフトで、自動学習、予測変換などに優れています。

IS03購入された方の意見を2xhやカカクコムなどをみてまとめて言うと、iPhoneのほうがシステムが洗練されている、バッテリーの持ちが最低すぎる、iPhoneと比べるとややもっさり。などなど、ちょっとネガティブな感想が多かったです。中でもバッテリーの持ち、一日も持たないそうです。使い始めは6時間で切れてしまうそうな。
購入宣言をすると予備バッテリーがもらえるキャンペーンがありましたが、本機がないと充電できないのがつらそうです。

価格.com – シャープ IS03 [WHITE] レビュー・評価
冗談のような以下のテンプレがありました。

*****
電池を長く使うには
・ガジェットは絶対に使わない
・輝度最低。wifiオフ。GPSオフ。bluetoothオフ。アップデート自動設定オフ。自動同期オフ
・確実にタスクを切れるタスクキラーを使う。常駐系はNG
 EXIT-task killerおすすめ。windowsの[×]ボタンが常に右上に表示される
 押すとそのアプリが終了する。有料。クレカが作れない時には無料のQuick Exitでもおk
 あとジャパンネットバンク口座を作れば誰でも審査無しでクレカ番号を貰える
・newsrobやevernoteなどを使う際には必ず自動更新をdisableにする
 オンにしたままだと常駐通信して電力を喰いまくる
*****

一方ですべてを肯定的にとらえる記事も出ています。
Togetter – 「IS03を購入し家に帰ったらまずすること13項目」

Togetter – 「IS03がiPhoneにまさっている10の理由」

こちらの記事はちょっとひいきが強すぎるかなと思いますが、参考になる部分も沢山あります。

ISの料金について。
従来と同じくW定額(390〜5985円)が選択できます。
それとは別にISフラットというパケット定額サービスが選べます。こちらは5460円固定となりますが、W定額を上限まで使ったときよりも安くなるので、日々3G通信をされる方はおすすめです。基本通話料金プランEでも7,000円程度ですかね。softbankと比べると、高くなってしまいますが通信の質を考えると、同等の料金にとはいかないようですね。

更に言えば、本体も2万ほど高いです。
(2chより)

iPhone4
本体 46,080円(税込)
980+315+4410-1920=3785円(税込)/月
46,080+3785*24=136,920円

IS03
本体 63,000円(税込)
780+315+5460-1500=5055円(税込)/月
63,000+5055*24=184,320円

skypeAUには感動している人が多かったです。PCでやるよりもずっとクリアに音声が聞こえるみたいですね。
しかし駅前で配られていたビラには「スカイプ無料通話の保障は2011年12月」のようなことが書かれていたのが不安ですね。あそこまで大々的に売り出しておいて、課金するのでしょうか???さすがにそこまでしたらユーザーからの怒りの声が上がると思いますが。

また長くなってきたので、一端区切ります。。。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください