骨髄バンク体験記

骨髄バンクでドナーになった経験と、その後の登録を断ったときの話 | 赤と黒
自分も骨髄バンクに興味があって、学生時代に資料請求したら母親に「そんなことしたら親不孝だからね!」といわれた。まぁ、わかる。
ドナー側には自己満足以外何の利益もないからね。コーディネートされても断わるドナーが多いそうだ。
申請したのは偽善だったのかと、腹の底ではやりたくないと思いつつも骨髄を提供してしまう人も中に入るだろう。。。

自分が興味を持ったのは、ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンベルジャン! – Wikipediaに出ていたかよちゃんに衝撃を受けたから。何でこんな頭のいい子が…とか思って。「白血病と闘ったかよちゃんの日記」には音声も上がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください