お話

そとこもり

 ・万引の容疑で垂水署に逮捕された男には、住民票も戸籍もなかった。
 捜査員が調べても、身分を確認できる公的なものは一切見当たらず、男は「小学生のころに家を
 出てからずっと一人で暮らしてきた。不自由を感じたことはない」と供述。結局、申告した名前も、
 58歳という年齢も、国籍も判然としないまま25日に釈放された。「こんな容疑者は初めて」と驚く捜査員。

 男は神戸市のホームセンターで、登山用具4点を盗んだとして14日、垂水署に逮捕された。初犯だった。

 男は「金がもったいなかったから」と容疑を認めたが、名乗った日本名が戸籍などに見当たらない。
 親が出生届を出していなかったためとみられるが、捜査員はスパイの疑いもあるとみて事情を聴取した。
 「物心ついたときは、京都のおばに育てられていた」。男が半生を話し始めた。
 両親は、第2次大戦中、朝鮮半島から日本に連行され、亡くなった。自分の名前はおばから教えられた
 ものという。

 京都の小学校に入学したが、3年生のときに家出。学校にも行かず、山での自給自足の生活をへて
 25歳から全国を放浪し始めたという。日雇い労働をしながら、北は秋田まで全国をわたり歩いた。
 20年ほど前、神戸市垂水区のアパートに落ち着いた。体も強く、病院に行ったのはけがをした際の
 1度だけ。保険証がないため、全額負担して支払ったという。

 身分を確かめるために、捜査員は生まれ育ったとされる京都市内を訪ね歩いた。学校には記録が
 残っておらず、家があったという場所にはビルが建っていた。

 おばから教わったという韓国・朝鮮語を話せるなど、供述を裏付ける点も。「うそをついているようでも
 ないが、正しいかどうか、全く分からない」と捜査員。それ以上確認するすべがなく、拘置期限の
 25日、神戸地検が「拘置の必要なし」として男は釈放された。

 神戸市によると、出生届を提出すれば、男の戸籍登録は可能という。だが、日本国籍であることが
 前提で、出生証明なども必要。そもそも国籍も不明で出生証明もなく、男が戸籍を取得できるか
 どうかは不透明という。(一部略)
 http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0002060835.shtml


だいーぶ前に兄弟にいじめられていた農家の子供が犬と家出して、森に住み、果実や魚を食べて生活していた、という事件があった。釣り人達には「先生」と呼ばれて慕われていたようだ。そのニュースをもう一度読みたいが見つからない。

-お話