俺も行ってきた大祭

1 名前:春デブリφ ★[sage] 投稿日:2008/07/20(日) 18:34:18 ID:???0
 日本三大霊場の1つとして知られる青森県むつ市の恐山で20日、夏の大祭が5日間
の日程で始まった。死者の言葉を伝えるという霊媒イタコの「口寄せ」が行われ、時折
小雨が降る中、大勢の人が早朝から列をつくった。
 イタコは厳しい修行を積んで死者の霊を呼び出すことができるとされる女性で、この
日は6人がテントの中で「口寄せ」を行った。
 秋田県八郎潟町から夫婦で訪れた松田義紀さん(61)と幸子さん(59)は6時間
近く並び、病気で亡くなった義紀さんの父親と、夫婦の30年来の友人を呼び出しても
らったという。2人は「もっとゆっくり話がしたかった」と残念そうだったが、「亡く
なった人に気持ちを伝えるために来たので満足しています」と話した。
 むつ市によると、大祭期間中は例年約3万人の人出があるという。
■ソース(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080720/trd0807201816015-n1.htm
214 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/07/21(月) 11:38:44 ID:U9MOq9lE0
まぁたしかに漏れも昼間はただの観光地だと思うよ。実際、人多くてにぎやかだしね。
でも夜行ってみな。夕方から深夜までお寺の中で仮眠できるから。
そこは自分の身近な大切な人が死んでしまって、(もっと私に何かできなかったのだろうか?)
と罪悪感を勝手にもってしまって精神的に苦しんでいる人がたくさん来るんだよ。
そんで深夜になるとみんなで賽の河原で祈る。その光景見てこわいっていうより
神聖な気持ちになったよ漏れは。
夜もイタコがいるんだけどね、ほんとに真剣だったよ。嘘でも別にいいと思う。
苦しみから解放される人もたくさんいるしね、安易に馬鹿にしていい場所じゃないと思う。
そのへんの宗教よりよっぽど真実味があったよ。自分の目で確かめに行くことをおすすめする。
西洋医学的なアプローチだけが人間の治療法ではないと思うんだよね。明るい場所だけでは
嗚咽できないものっていうのが人間にはあると思う。

JUGEMテーマ:日記・一般

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください