個人史は終焉しない。続く。

JUGEMテーマ:育児

個人史は終焉しない。続く。
大概の母親は、子供を分身と思ってしまう。
ある年齢まで、それは本当なのかもしれない。メラニークライン系の本を読んでいると、そんなことが書いている。母性の原初的没頭から始まる、深く重い想い。
けれど、それは後々、成長するに従ってだんだん愛情という名の束縛となってしまう。
この人は深く重く愛することをセーブ出来る人なんだなっておもう。木に立って遠くから見守ろうと努めている人なんだと想う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください