ゴッドドクター 徳田虎雄

徳田虎雄
幼くして亡くなった妹への思いがあり弟は医師の往診を受けられないままなくなった。この怒りが独自の病院建設運動となっていく。 アメリカの先進医療を学んだ日本の全共闘世代の医師たちは日本の閉鎖的な病院に行きられず路頭に迷っていた。それを徳田が拾い集め高度な医療で24時間体制で繁盛見に行くシステムを作った。 そんな病院が増えるにつれもともとあった医師会との衝突が激しくなる。 病院を多く出すには多くの人を獲得し医師会よりも強力なパワーを得ることが必要だそのためには議員バッチが必要だと思うようになり世界進出する。多くの裏金を使いカスタマを撒き散らし3度目の正直で政界進出する。 德容の周囲にいる幹部7人秋はそのためなら人殺し以外なら何でもやった
物語は市立泉佐野病院から始まる。午後に出張してきた 徳田虎雄はあらゆる救急を受け入れた。市立病院では夜間ともなれば了承を理由に断ることが常だった。

スポンサードリンク

ASL 筋肉動かしている神経の障害。進行性であり良くなる事は無い。体の感覚や内臓機能などは問題がない。最終的には呼吸をする筋肉が衰え死ぬことが多い 徳永ASLにかかったのは診療以前に自身でわかっていた。 しかし銀行への信用問題から公にすることができなかった。今まで病院は特だけのものではないと言うことを言っていた徳田だが次の総裁に哲を指名してきた。 徳洲会を海外へ発展させたい世界貢献したいと言う夢もあった徳田はブルガリアの首都ソフィア100億円かけて病院設立を計画する。  20億円で売り出されたブルガリア銀行を買い取り徳田バンクに看板を変えた。このことにより病院建設における退路を絶たれた。そのことで徳田は安易に王様の位を長男に譲れなくなっていたのだ。脳の働きが衰えないのがASL。 徳田は意志さえあればこのように病院をいくらでも広げることができるという夢を見る。
体が動かなくなってから文字盤で意思を表現することとなった。それとともに徳田ファミリーが虎雄の周りに群がってきた。そうなると様々な裏事情知っている能宗に対して危機感を覚えることになる。 彼は病院や政治にかかる裏金に対してあまりにも多くのことを実行していたからだ。 ファミリーは夫人を中心として結束していった。 株式会社徳洲会の薬品取引だけでも2十数億円が何もしないままにファミリーに転がる。 田中良子は 全く何も知らないまま徳洲会 創世記の頃よりできるだけ安い医薬品のルートを開拓し高収益の礎を築いた。 しかし徳田は田中に対して別のポストに移るように言ってきたのだ。 田中は付き合いきれず辞めることを決意する。最後の挨拶に虎雄の本を尋ねると彼は泣いていた。あれだけ力強く貧しい者の立場に立って 医療を変えるんだと息巻いていた空が泣いているのを見て落ちたと感じた。 医療は長男の哲に政治は次男の毅に。 病院経営を始めた当初に抱いていた情熱信念はどこかに消え失せてしまっていた。 ASL を患っていながらも酸素吸入をしながら他の人間には病気だと言うことを悟られないように演説をした。しかし次第に体重が落ち食べ物も飲み込めなくなり胃に穴を開け チューブで栄養をとるようになっていった。
徳田は最後まで人工呼吸器をつける事は拒んだ。人工呼吸器をつけると声が出なくなるからだ。徳田はあらゆる場面で声を張り上げ人々に気合を入れ演説で心を掴んできた。しかしそれも2005年に 人工呼吸器をつけることになる。最後のノートにはマホメット仏キリストと言う文字が書かれていた。 声に変わる方法として文字盤使用した。目で文字を追い、専門の人間に読み取ってもらうのだ。
ついにブルガリアに病院を開業して大口債権者三井住友は 大きな金金の流れに疑問を持つようになる。 徳田バンクもソフィア徳田病院も赤字続きだった。

弟の話
寺田寅生が小学校3年生の時3歳の弟が激しい嘔吐と下痢を繰り返した。医者がいる 村に向かったがその医者は父は来れなかった。虎は走って家に戻るとすでに白目をむいていた。夜が明けて別の医者に呼びに行ってようやく昼過ぎに医者がきたが弟はなくなっていた。 このことが徳田虎雄の医療への対する原動力となっている。
病院設立にあたってしらみつぶしに銀行に行き自分の生命保険を担保に融資を得る。 自殺でも保険金が下りるから大丈夫ですと。 第一勧銀からは18,000,000円の土地の肩代わり、 病院建設費用1億6500万円の融資をする。
徳田病院は28時間勤務で回っていた。徳田虎雄は病院から1歩も外に出ず診療だけをし続け抑うつ状態になるとブロックを両手に持って階段を昇降した。 このような体制に脱走者が出たがそのうちに土倉の誰でもあまねくを救う姿を見て手を差し伸べる人々が集まっていった


奄美大島について
徳田虎雄を生んだ奄美群島は琉球薩摩藩鹿児島県戦後はアメリカの支配に置かれて苦しい生活を強いられていた。さとうきびが主な収入源だった 島の人々はまとまっガンジーの非暴力運動にならってハンガーストライキを起こし奄美群島は日本に変換された。 徳田虎雄はパスポートが不要になった阪大に行き蓄膿症の手術を受け阪大医学部を目指すことになる。 父親には 成功するまで生きて帰るなと言われる。 合2年間浪人して阪大医学部に入ることになる。合格して一緒にならない限り自分は嘘つきになる。嘘つきになる と 島では生きていけない。 大阪で病院を作るには葛藤があった。徳之島に病院を作るのが目的なのに大阪に病院を作るのはなぜなんだろうかと自問自答した。 徳洲会とは徳之島会のことだ
奄美出身の人々は本土では常に差別を受けていた。差別をされるので奄美出身の人々が寄り集まってコミュニティーを作るようになるのだがそのコミュニティー自体がさらなる差別を読んだ。そうした中で島の人たちは極道に生きる道を選ぶ人が多くなっていった。

盛岡正博
ヒゲを蓄えたさく病院にいる人 そのうちにJA長野厚生連の専務日代表理事と味を移した。 患者のニュースを無視した独りよがりの入りは続かない徳洲会は医療を変える社会運動歳でした。 徳之島うまれ京都大学にはいり、同人誌や劇団で自分 探しをしている最中に学生運動にのめり込んだ東京に行って全共闘運動にも加わったりその後精神科として病院に勤めて主導権争いに嫌気が差しボストン小児病院に入学した。 しかし留学先で得るものはなく日本に戻ってきた。このお話出来となっているのは学生運動そしてアメリカ帰りの医者、盛岡はこの2つを持っていた。 当初盛岡は徳田のことを貧乏人が権力を持てば何をすると思っていた。
病院を作るためにめちゃめちゃに突っ走る徳田に対し盛岡は病院を作っても標準的な医療が継続できないことを思いそのシステム作りに邁進していった
湘南鎌倉総合病院設立については激しい医師会の抵抗に会いつつも盛岡独自に動き回り運営を開始。ASLにかかった徳田が いる特別室もここだ。
小学校1年生の時親友がなくなったそのことから親について考えるようになりパニック障害が始まり京都医大に入り精神科医を目指したのもこの辺にある。そして先祖代々守ってきた土地を売り払い奄美大島から鹿児島へと 渡ってきたことも自身を苦しめることになった
伊仙町の町長選に出馬。ここでも多揉めに揉める。暴力事件、不在者投票を利用した不正投票。 長長不在となったが、警察の 取り締まりが始まり 選挙管理委員会に逮捕礼状の準備があった。選挙管理委員長は徳之島病院に逃げ込み盛岡との癒着が鮮明になる。
弟も徳田の本を読んで同様に徳洲会に入ってきたのだが道半ばで海に溺れて死んでしまう。治療中の皆が沈痛な百道でいる中で徳田は名刺を配り始めた。盛岡は怒る。自分の村長選挙のため人身御供にしてしまったことにも。
徳田虎雄の猜疑心から 濡れ衣をかけられた盛岡は徳洲会病院を出ることと決める。しかし選挙活動において逃げ回っている人たちのためにどうしても定収入が必要となっているため、 1年間徳之島徳洲会病院に引きこもり外来往診だけに専念した。 徳田虎雄のファミリーや銀行が 訪れても決して出る事はなかった。

盛岡は徳洲会を辞めた後長野県にある佐久病院に勤務することにした。この病院はわかつきと言う院長が戦後診療所同然だった病院を大病院に変えたのだ。わかつきは盛岡を呼び寄せた。 盛岡は、なぜ先生はこれほど長く委員長を務めることができたのですかとわかつきは結それは愛だな。 いろいろなやりとりの中盛岡はさく病院を選んだ。 【佐久総合病院】| 佐久総合病院 | JA長野 厚生連 – 「高度医療と健康福祉の拠点を担う」地域に密着した長野県の総合病院 地域医療連携 救急 http://www.sakuhp.or.jp/ja/honin/2864/43/000624.html

能宗克行
徳田の秘書であり運転手だった。徳田の命令に従って信号無視や無理な追い越しを繰り返していた。 能宗がくるまえ 度重なる信号無視や徳田の暴力により何人も止めていたが彼の運転は細やかでありなんて先の信号も意識して走るような心配りがあった。
徳田ファミリーが 組織運営に介入し始めそれまで一番信頼している人物だった能宗と激突。徳田から解任をうけ、 その足で検察に書き込み自分の罪もろとも内部告発をした。 東京都知事の猪瀬直樹は50,000,000円の現金が渡っていた事実が発覚し辞職ファミリーは徳洲会から追われることとなった

特定医療法人は法人税の軽減をするもの 社会医療法人の看板は特定医療法人よりも格段に重く介護事業もできなくなり救急外来入院高齢者介護のネットワークが寸断されて経営が破綻する。

徳洲会 年中無休24時間誰でも見ると宣言して医者へのプレゼントも禁止にした。

徳洲会は次々と病院を作って言ったそれはアメリカ帰りの医師と従軍看護婦が後押しして行った。 特にアメリカ帰りの石は勤勉で最新の医療知識を学びたいとアメリカに出ていった者たちが帰国した際に象牙の塔でいる医者たちの輪に入れずにうぐうの目に遭っていた者たちにとって徳田虎雄の24時間勤務で人々を救うという理念は願ったり叶ったりだった。 しかも徳田虎雄は優秀な人材には一切の指揮権を与えた。 破竹の勢いで全国に展開していくと思われたが医師会がその前に立ちはだかった。

医師会は金儲け主義でレベルの低い病院なのでわが町から出て行けとボイコットを始めた。 医師会は個人経営の医者が集まって作った団体だまる自分たちの生活が脅かされると思って反対勢力になっていた。 しかし市民は徳洲会を歓迎していた。 徳洲会は病院が足りない地域にそもそも出していたので市民は歓迎したいたのだ。
市民を味方につけた徳洲会は徐々に要員数を増やしていく。 しかし財政が次第に圧迫して行った黒字経営になるにはしばらく時間が必要なったまる要因が黒字化になるには病床率90%がちょうどいいと言われていたしかし出来たばかりの病院はそんなすぐになるわけなく。 土地を担保に新しい病院を建てるということを繰り返して言った。

徳洲会は平均年齢30歳。

選挙の話
奄美大島での選挙で当選する事は故郷に錦を飾る上でまた弟の供養のため徳田の悲願であった 保岡興治が奄美大島で強力な地盤を築いていた。 選挙の最中島中は暴力で溢れ親子は絶縁し夫婦は別れ賭博が横行した。 選挙の資金は医療機器のキックバックさせて作った裏金だ 徳田は選挙の最中病院の事務職員看護婦なども動員したため現場からも不満が頻出した そして1回目の 選挙は僅差で大敗2回目の選挙も人材を現地に送って戦ったが敵側の資金力の追加や裏切りによってまたしても敗北。この2回目の敗北により病院の軋轢はさらに増していった ついに3回目の選挙で勝利する。しかし当選後の宴で美酒に酔っていた徳田は裏金を渡していた金丸信に対し20,000,000円が効いたなと言ってしまう。 それを何者かに録音されそのまま保岡陣営に渡ったらしい。 このことにより特段の自民党入りはなくなってしまう。 そうなってしまうと徳田の政治上での後ろ盾は何もない
3回目の後自民党に入党するも医師会からの強い反発があり乳頭時における書類の不備があったと言うことにされて乳頭拒否された。 僕らはこのままで1人でやっていてもらちがあかないと言うことになりいろんな人間を集めた無所属派閥を作り台風の目になることにした政治団体旬連合の立ち上げです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%BE%B3%E6%88%A6%E4%BA%89
選挙後の徳之島も決して安定する事はなく両者の溝は深まっていった 0反対波野病院に行くと殺されると言う噂話まで出て実際に死んでいる人も出た。この争いをどうにかしないとと考えていた。

政治家になったら徳田虎雄は 国会議員は借りてきた猫のようにおとなしくあった。たいして発言せず存在感すらなかった。  徳田虎雄は素晴らしい理念を語るシーンが応援してあったが一方で社員がミスをすると容赦なく殴り家でも息子二人を殴りつけた丸息子二人は何が悪くて殴られているのかも分からない時があったと言う。 総選挙では他の派閥の大御所と手を組み大量の資金を投入して挑むも落選。資金を投入しただけ損になってしまった
。小泉政権下での選挙はタレント候補を大量に立てていた。例えば野坂昭之、後新太郎、田山理、千葉マリア、若い本、堀田由美子、ドクター中松。めちゃくちゃだった。 当選者は出なかった。参議院の議席を失いまたもや大量の金をばらまいた。
自由連合の解散 毅は資金力に物を言わせ初選挙初当選鹿児島の議員となる。 そしてさらに自民党も入党する。自由連合解散したため徳洲会からの借入金の返す目処がなくなり、 この借入金は政治献金として指摘される。 ついに2008年秋自由連合72億 返せず、献金か との見出しが新聞に躍り出る。 この問題は自由連合のみならず徳洲会グループから金のやり取りのある政治団体も同様が走った。徳洲会はこの金は 政治献金ではなく徳洲会グループにおける広告宣伝費のようなものだとした。政治献金については上限があるが借入金については制限がないからだ。 この件で徳田ファミリーと能宗が真っ二つに対立する。 ファミリーは僕らを犯罪者に仕立て裏金を着服し徳洲会を潰そうとしていると徳田虎雄に相談まくし立てた。
徳田は徳洲会を長女に沖縄徳洲会は長男木下回は事情に指名するように能宗に伝えた。 明らかな同族経営にしてしまえば徳洲会の理念を持って集まった人たちはみんなバラバラになってしまう。能宗は反発し、 長男を中心としたグループを作ろうと試みた。その中でトランは事務長やめるべきだと言ってきた。そして専務理事の任を解かれた。
毅が選挙に勝ち、自民党入党したころ、 徳洲会懲罰委員会は責務を行わない不適切な行為を行ったため懲戒解雇を用意してきた。 その中で書かれたもので決定的だったのは毅の準強姦罪だった。週刊誌に掲載され、一身上の都合で辞任。
懲戒解雇された能宗は検察庁に内部資料を持ち込み告発。ファミリーは横領を主張し刑事告訴。操作部は得紹介を強制捜査。 その責任を取り虎雄が徳洲会グループを辞任。後任はファミリーではないものが継いだ。
特捜部はゴッドマザーと次女長女逮捕起訴する。その過程で猪瀬都知事が50,000,000円の献金を毅から受け取っていたことが発覚。辞任。 能宗も着服で619日間の未決拘束。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E6%B1%BA%E5%8B%BE%E7%95%99 この長い交流で恐れていたのは首相官邸だったと言われている。


銀行
選挙活動に邁進していた徳田のおかげで資金面が徳洲会の台所は枯渇していた。銀行に経営権を剥奪されそうになっていた。 要因を買い続けたおかげでバブル景気で高騰した土地の買い上げが大きな資金を必要としていた。さらに最先端医療機器を積極的に導入していたため投資資金の回収に時間がかかった。何年たっても 会社の経営状況が上間がない状況が続いていた。 自殺することで融資を受けることから始まった 第一勧銀だったが徳田が政治を行っていくにつれ不透明な通流が明るみに出ていた。これを機に行員派遣を止めた。連帯責任を取らされるからね。 サブバンクとして使われていた住友銀行とともに徳田のめちゃめちゃな金の使い方に警戒した銀行は貸し渋りを始めた。 そこで出てきた大阪の三和銀行。徳洲会グループ全体の資金の流れを調査した上で融資に報じたが資金ショートが起きた際に知らんぷりをした。
ナンバーツーの盛岡も借金に対して奔走するようになる。各病院の委員長を集め個人で15億の借金を。次回の選挙で徳永敗れれば徳洲会は解散する覚悟だった。 三和銀行から何とか借りることに成功した 三和銀行の化したルールは厳しいもので徳田の剥奪、盛岡の理事長代行と言うものだった 2年間の利子返済を停止し 金の流れが明確にわかるようになった。得だと能宗が作った投資会社から借用書なしで69億円もの現金を徳田は得ていた。 何とか病院が回るようになった3年目に銀行は徳谷理事長の座から降りろと言ってきた。 これを単にナンバーツーの盛岡を切るように徳田は根回しを始める
徳田のASL発症後金策に走っていた。そこでロイヤルバンクオブスコットランド略称RBSから関連会社を証券化してそれを担保に2000億円を融資すると言う提案がなされた。 徳洲会のファンドマネージャーはあまりにも穴がありすぎる提案に断るよう再三言ったが徳田はこれを実行した。 その後彼は退職した。 直後アルプスは株式会社徳洲会の担保提供がなされてないと言うことを指摘したが、ファミリーは金のなる木である株式会社徳洲会の担保を銀行に渡してなるものかと拒んだ。 こうなると 契約不履行として銀行はいくらでも病院経営に口出しできるようになる。 銀行の締め付けが厳しくなってくると徳田虎雄はRBSとの契約を解消しようと始めた。 そのためには先ほど退職したファンドマネージャーを再度雇用すべきだと動き始めた。 銀行三井住友に切り替えようとするのだがその解除を理由に40億円の手数料を要求してきた。それに対してファンドマネージャー弁護士を雇って応戦し10億円安くする。 貸付人の権利を主張し診療報酬を差し押さえようとしてきたがこれもエージェント責任を全うしていないと言ってはねつけることに成功。そして梨園ができた。RBSは直後 リーマンショックで破綻寸前に追い込まれその中でも最大規模のボーナスを支給し民衆からめちゃめちゃな批判を受けた。


アメリカ帰りと全共闘の研修医
アメリカ帰りと全共闘の世代そして徳殿公園で影響を受けた若い研修医が集まっていた。 徳田は家族には経営に触れないようにしていた丸公私のけじめを力説でし院長の奥さんが経営部長院長の親戚や事務長なんてことはありえないと言っていた。

阪神淡路大震災 夏目と言う救命救急の分野で実績を積んだ医者が地元である神戸入りへ行って陣頭指揮を取ろうとしたが得だがなかなかうんと言わなかった。 徳田はヘリに乗って被災地を上空から視察したが災害よりも東京に行って衆議院本会議に臨むことを選んだ。 多くの人はクラッシュシンドロームになっていた。クラッシュシンドロームとは肉体の1部が長時間圧迫されその後解放された後に筋細胞からカリウムやミオグロビン乳酸などが血中に溢れ出しそれが毒物となって最悪私まで怒らせる病だ。 夏目はまず消防署に行き協力を申し出たが保健所に回され保健所を尋ねると神戸市に申し込めと言われ神戸市に行くと待機してくれと言われる。 合に明日なつみスタッフや行政の言うことを聞かず超法規的に物事を人々を救うことを選んでいく。 避難場所の小学校に救急車を走らせると体が半壊したような人たちがもう蛇のような形相で我先にと救急車に迫ってきた。医師たちはトリアージを行った 0震災のダメージを盾に言うとほとんどが足だった避難所に逃げ込んだ人たちはトイレの回数を減らすため脱水クラッシュシンドローム血栓症脳梗塞を発症として密集した中でインフルエンザウィルスが肺炎と呼吸不全を招き死者の数を多くしていた。
被災地の新聞に入っていた徳洲会は自治体や自衛隊よりも現場のことを詳しく知ることができた。道路が渋滞している最中自衛隊の先導救急車がすることもあった。
この経験を機に徳洲会は後のTMATを組織し、国内外の救急活動へと発展していった    

夏目重厚 札幌南青州病院 の座長につくと 悪臭にはまっている管理者は全員容赦なく切っていった。 経営再建にあたった病院はどれも合理的であり見事黒字になっていった。 そういった合理的な判断は冷酷だと捉えられるようになり徳洲会の管理職は皆夏目を嫌った。 どれだけ経営を好転させても徳田の評価は変わらずイエスマンしか入らない徳田にとって容赦なく反抗してくる夏目は気に入らない存在であった。 夏目はもはや限界と思い徳洲会を辞めた。


居丈高 いたけだか ① すわった時の背が高いこと。 ② (「威丈高」とも表記) すわったまま、身をぐっとそらせるさま。 人を威圧するような態度や、怒りを含んでいきり立つさまにいう。
側用人 そばようにん 江戸時代、主君の側(そば)近く仕えて庶務に携わった職。
けんど-ちょうらい【捲土重来】 一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返すことのたとえ。

虎は死して皮を留め人は死して名を残す 虎は死後に毛皮が珍重され、人はりっぱなことをなすことによってたたえられ、死後に名を残すことができる。 人は死後に名が残るような生き方をすべきである。

佐久医療センター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B9%85%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください