webフォントを使用する時に必ずやっていること

写真:Font

Adobe Typekitをよく使っています。
特に貂明朝源ノ角ゴシックを好んで使っています。
しかしこのまま使うと、webフォントが読み込まれるまで、一瞬デフォルトのフォントが表示されてしまいます。
更に、photoshopで表示されているものよりも、何故かウェイトが太くなってしまいます。
それを解消するためのコードが以下です。

スポンサードリンク

貂明朝
上が-webkit-font-smoothing: antialiased;なし。 下は-webkit-font-smoothing: antialiased;をかけてアンチエイリアス処理をしたもの。

下のアンチエイリアス処理をかけたもののほうがくっきりしてますよね!これでバッチリ使えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください