OmiCam/OmiStudioの操作方法

少し前にOmiCamという商品が クラウドファンディングで販売されていた。
台湾発で欧米でも売り出されているようだ。今となってはスペックは劣っているが低価格で240撮影 できるこのユニークなカメラはそこそこ受け入れられているようだ(海外ではMySight360と呼ばれている)。
日本でも小規模ながら一般販売がされています。 自分はヤフオクでこちらをゲットしました。
不足しているオプションがあったので別途購入できないか販売元に問い合わせたところ無料で送ってきてくれたりしてとても親切なところだった。

使い勝手は癖があるというか、アイデアで勝負しているというか、一般向けではないかもしれない。
インターバク録画に特化していて、連続撮影をすることはできない。
アプリでも視線移動を任意に編集することはできない。


OmiCamで使われるアプリOmiStudioについて、メモしておく。
https://www.youtube.com/watch?v=iFVuOYVxQ4I
(このチャンネルで一通り説明されているが、UIが異なるので迷う。)

続きを読む

XDの「UIキットを取得」を使用する

AdobeXDで各UIパーツを使用する場合、どこかのクリエイターが作ったファイルを引っ張ってきてもいいんですけれども、 チーム内でデザインをいじる場合共通のデータを用意しておいた方がいいです。 やはりそういった場合は公式のパーツを使うのが最適だと考えます。 アップデートもされるだろうしね。

続きを読む

ファイルIllustratorGc.jsxに含まれているスクリプトを実行しようとしています!なにそれ

イラレを立ち上げてから以下のようなアラートが発生。

「ファイルIllustratorGc.jsxに含まれているスクリプトを実行しようとしています。このスクリプトを実行しますか?」

作業を続けようとしても頻繁に出てくるので仕事できない。

続きを読む

SMSで届く「Amazon Prime会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちら」に注意

two brown pencils

ある日ショートメッセージにこんなメッセージが届いた。

「Amazon Prime会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちらHTTPS://————」

アクセスしてみた。

続きを読む

AMAZONポイントチャージでボーナスをゲットする方法

art abstract technology blur

ブラックフライデーやプライムデーでアマゾンギフト券をチャージすることでボーナスポイントをゲットすることがあります。 しかし手順をきちんと守らないと最大のポイントゲットできない可能性があります。
ここに手順書を記しておきますので参考にしてお得にポイントをゲットしましょう。 有効期間は10年ありますので最大の金額をチャージするのもいいと思います。

続きを読む

デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場 河野啓

デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場 (集英社学芸単行本)

デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場 (集英社学芸単行本)

河野啓
1,760円(09/21 09:28時点)
発売日: 2020/11/26
Amazonの情報を掲載しています

彼は登山家としては全くだめだったが経営者としてはとんでもない力を発揮していた。学生の頃から演劇や舞台での表現に対して興味があり高校時代は優秀賞何かをとっていた卒業後は吉本にも所属し人前に出て何かを表現する仕事に自らの 才能を見出していたのではないか。 彼は口がうまいし愛嬌もあって好かれる人にはとても疲れることができる性格だった。政治家や資産家などのパイプがねずみ算式に増えていく。 それとともに資金調達のチャンスもできてくる。  単独無酸素7大陸最高峰登頂と言う看板があるが酸素ボンベを使って登るのは8000メートル峰エベレストだけ実は他の山山に関してはボンベを担いで登ることすらしないものだ。


栗城さんは日本にいても営業活動がメインで登山への練習と言うものはあまり時間を割いていなかったようだ。 VanaHとyahooがスポンサーに付き、 資金面に関しては磐石なものだった。 たまにはエベレストで流しそうめんやカラオケをすると言う余興まで考え始める


https://w.atwiki.jp/kuriki_fan/pages/43.htmlうんこ事件が有名だが俺よりも自分の判断や森下さんからの情報よりも最終的には占い師が決めることを優先すると言った時。 これを聞いた森下副隊長は栗城の下から離れることを決意する。


4度目のエベレスト登頂時に失敗し両手指の9本を凍傷で失うことになる。 これに関しても修一の意見は演出のためにわざとやったのではないかと言う意見がある。何度目かのアタックで困難なことにもめげずにエベレスト踏破と言うエンディングを迎えるにあたって、演出の1つとして自ら凍傷にかかったと言う見方もある。あるいは下山の言い訳として。

続きを読む