兄が死んだ

兄が死んだ | Tokyo O life – ずばぴたテック

僕と父は、だまって母の言葉を待った。兄と母のつながりは深かった。長男ということもあるし、たまたま兄が母と同じ高校に通ったり、同じようにピアノや音楽を趣味としたこともあるかもしれない。母は3人の子供を同じように愛したが、兄は最後まで自立することができず、母はそれをある意味では受け入れ、ある意味ではひどく甘やかしてしまった。それが兄の引き籠もりを長引かせ、悪化させた原因のひとつなのは間違いない。

すこし、自分の家と似ています。
私は、母にたくさん甘えて、いや、私以外も母にたくさん甘えて負担をかけておりました。
母がなくなったことで、私はそりの合わない父を残して、家を出る決意をしたのです。
あのままだったらずっと実家ぐらしで引きこもっていたかもしれません。
次もし引きこもるようなことがあっても、困るのは自分だけなので、あるいみ気が楽です。

コメント欄の

学習障害 学校の勉強がすべてではないということを早くいろいろな人が気がついてほしいと思います。
私の彼氏は九九は5の段までしか言えないそうです。
でも、バスの運転手をしています。

っていうのがしんみりきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください